強化委員会からのお知らせ

 

強化委員会からのお知らせ

強化委員会からのお知らせ
 
九州ブロック国体の結果、成年は5年連続出場権ならず。少年・女子も予選敗退
2017-08-30
 8月18日(金)から20日(日)にかけて長崎市総合運動公園 陸上競技場と運動広場で第37回九州ブロック国体が開催されました。昨年度から女子の7人制の部が正式競技となり今年度も成年、少年、女子の3カテゴリーでの開催となりました。
 
 7人制 成年の部は18日に2パートに分かれ熊本県・福岡県・大分県・宮崎県の4チームで予選リーグ戦を行いその結果、熊本県は全勝しBグループ1位で予選リーグを通過。
 20日の決勝トーナメントは1回戦でAグループ4位の長崎県と対戦し前半に2トライを挙げて14-0、後半も3トライを追加して33-0で勝利し代表決定戦へ進みました。代表決定戦では1回戦で大分県を破ったAグループ2位の佐賀県と対戦し、前半はお互い2トライを挙げて、1コンバージョンゴールを決めた熊本が12-10とリードして折り返します。しかし後半は2トライ(1ゴール)を決めた佐賀に対して熊本は1トライ(1ゴール)に抑えられ19-22で試合終了。3点差で惜敗し、残念ながら5年連続の国体出場とはなりませんでした。
 
 15人制 少年の部は2パートに分かれて4チームでのトーナメント戦を実施。18日に1回戦が行われ、鹿児島県と対戦。前半はノートライに抑えられ0-7で折り返しますが、後半はお互い1トライずつを決めるもその後熊本は追加のトライを挙げることが出来ず7-14で惜しくも初戦敗退となりました。
 
 今回が2回目の国体競技に正式採用された7人制女子の部は18日に2パートに分かれ熊本県・福岡県・佐賀県・大分県の4チームで予選リーグ戦を行いました。予選の結果は熊本県0-46福岡県、熊本県21-7佐賀県、熊本県7-19大分県となり予選はBグループ3位通過となりました。20日の決勝トーナメントでは1回戦でAグループ2位の長崎県と対戦し前半はノートライで0-12、後半巻き返しを狙い1トライを挙げるも追い付けず残念ながら5-17で初戦敗退となりました。
 
 この結果、今年度はすべてのカテゴリーにおいて残念ながら愛媛国体への出場権が獲得できませんでした。厳しい暑さの中でのゲーム、各チームの選手・監督・コーチ・関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。
 来年は3チーム同時国体出場決定の快挙を期待しましょう!!
 
qrcode.png
http://kumamoto-rugby.jp/
モバイルサイトにアクセス!
1470557